English

(公財)京都YWCA

トップ > 支援のお願い > ご寄付

支援のお願い

ご寄付

改修へのご寄附

1923年に設立された京都YWCAは、女性や子どもの人権が守られる社会、異なる文化や背景をもつ人々と共に生きる社会をめざし、さまざまな事業や活動を行ってきました。

設立90周年を迎え、理念をさらに具体的に実践するため、築46年の建物を改修し、以下の3つの新事業を実施しています。

そして、2014年3月から8月にかけて本館とサマリア館(ウイリアム・メレル・ ヴォーリズ設計)の耐震工事を含めた大規模改修を実施しました。

新事業は国土交通省の2013年度の「高齢者・障害者・子育て世帯居住安定化推進事業<先導的事業>」に選定されました。国土交通省よりの一部補助がありますが、工事に要する多額の費用を金融機関より借り入れています。

みなさまには、是非とも本改修の趣旨をご理解いただき、ご寄附を通してお支えいただきますようお願い申し上げます。

募金名称「多世代・多文化ふれあいコミュニティ事業に向けた改修の為の募金」

  • 募金 目標額 : 1,000万円
       達成額 : 約510万円(2016年8月末現在)
  • 総工費 : 約2億4千万円
  • 補助金 : 約8千450万

京都YWCAの活動・事業へのご寄附

京都YWCAへのご寄付は税制上の優遇措置があります。

<個人によるご寄付>
確定申告により、税額控除もしくは所得税控除が受けられます。確定申告の際、税額控除にかかる証明書付き領収書(京都YWCA発行)をご提出ください。詳細につきましては、最寄の税務署にお問い合わせください。

<法人によるご寄付>
事業所得の算出の際、一定の限度額の範囲内で損金として算入することができます。会計士や税理士にご相談ください。

京都YWCA事業・活動全般、もしくは分野を特定してご寄附ください。

一般募金
京都YWCAの事業・活動全般を支えて頂く募金です。

親・子育ち支援

子育てが「孤育て」とならないように、親と子の「個」を育み支援し、豊かな子どもの居場所を提供するための活動を実施しています。

外国人支援

外国人が日本で暮らす中で直面する文化・制度の問題についての電話相談、国際理解教育・人権教育などの出張授業、日本語学習支援、留学生支援などを行っています。

平和を創る活動

日本国憲法の平和の精神に基づく、いのちが尊ばれ人権が保障される社会を目指して、社会へ発信していきます。

東日本大震災被災者支援事業

2011年度より福島の子どもたちのための春休みや夏休みの京都での保養プログラムを実施しています。また在京被災者のための支援プログラムも行っています。交通費等の経費負担も大きい中で、持続的な支援ができることをめざしています。

自立援助ホーム

児童養護施設を退所後に行く場所がなかったり、さまざまな理由で家族と一緒に暮らすことができない子ども達が安心して生活できる場を提供し、社会的に自立するまでを支援します。

ユース・リーダーシップ養成

韓国のYWCAとの「ユース・ピースプログラム」を毎年韓国と日本で交互に企画実施しています。中学、高校、大学生を中心としたユースメンバーが韓国のユースと出会い、交流し、次世代のピースメーカーになることを願っています。

指導者養成のために

全国、海外での会議やプログラムに参加者を送り出します。

ご寄付の方法

京都YWCA事務所にて
開館時間内でお受けしております。
開館時間:月~金10:00~19:30 土曜10:00~17:30 日・祝日は閉館です。
(京都YWCA事務所へのアクセスはこちらから)

 

口座へのお振込み
■銀行振込: 京都銀行府庁前支店 普通) 4143072
口座名義 公益財団法人京都YWCA
■郵便振替:01080―9-1566
口座名義 公益財団法人京都YWCA
銀行振り込みの場合、寄付の指定内容、お名前、ご住所を事務所までお知らせください。
お問い合わせ 公益財団法人 京都YWCA
住所 〒602-8019 京都市上京区室町通出水上ル近衛町44 
TEL 075-431-0351(代) 
FAX 075-431-0352 
E-MAIL office@kyoto.ywca.or.jp
開館:10:00 閉館:19:30 (土曜日は17:30)
休館日:日曜・祝日