English

(公財)京都YWCA

トップ > 多文化共生 > 多文化共生プログラム

多文化共生

多文化共生プログラム

京都YWCA多文化共生委員会は、多様な背景をもつ人々が互いを受け入れながら理解しようとする生き方を大切にし、背景の違いによって排除・分断されない社会、助け合って共に生きていける社会の実現を目指します。

 ますます多くの外国人が労働者、日本人の配偶者、留学生、また、それらの人たちの子どもとして日本に住むようになってきています。しかし、まだ彼女たち彼らを取り囲む社会は住みやすい状況にはなっていません。そのため、社会を変えていく努力をすると同時に、彼女たち彼らの持つ困難を少しでも緩和するために言葉の支援、問題解決の手伝い、居場所づくりなどを行います。

 また、それらの活動を持続可能なものにするために、ボランティアメンバーの募集と養成、活動資金を得る努力をします。


多文化ルーツの子どもの居場所;社会・学習プログラム

京都YWCAの多文化共生委員会では、多文化ルーツの子どもの居場所として、多くの子どもたちが京都YWCAに自由に通えることを望んでいます。さらに、一方的な支援ではなく、多文化ルーツの子どもの居場所に関わる皆さまと共に作り上げるプログラムになることを、望んでいます。

・多様なルーツを持つ子どもたちの学習・進学支援を大学生が小中学生の学習チューターを行っています。(毎週月曜日 17:0018:30

・社会経験を豊かにするために週末と長期休み期間を通して社会経験プログラムを行っています。(週末、長期休み、祝日)

 

国際交流プログラム

 毎年続けてきた国際交流プログラム、出会いから友達に、そして、平和を考える交流です。

【日韓ユース・シニア交流プログラム】 2019年8月9日~12日@韓国

【日韓小学生交流プログラム】 2019年7月30日~8月3日@京都 

2018年度京都での日韓交流課

 

多文化カフェ

食文化を通じて多文化を紹介します。自分のつかいやすい言葉で、子育てや生活のためのいろいろな情報を交換しましょう。英語、ハングル、タガログ語などに多言語対応します。(フィリピンの代表的な家庭料理; アドボ)

 

多文化保育

・テーマをもって外国人の講師が2年間、月2回保育園に訪問して授業とプレイを通して子どもたちは多文化・多様性を体験します。

・2019年~2020年度はカザフスタンからの講師と共に子どもたちと遊びます。

「平和」というテーマで行った2017~2018年; アフガニスタンからのジャミラさんの紹介

 

 

 

 

 

お問い合わせ 公益財団法人 京都YWCA
住所 〒602-8019 京都市上京区室町通出水上ル近衛町44 
TEL 075-431-0351(代) 
FAX 075-431-0352 
E-MAIL office@kyoto.ywca.or.jp
開館:10:00 閉館:19:30 (土曜日は17:30)
休館日:日曜・祝日