English

(公財)京都YWCA

トップ > イベントカレンダ > 福島のお母さんのお話を聞く会 ~母子避難、帰還、そして福島の今~

イベントカレンダー

福島のお母さんのお話を聞く会 ~母子避難、帰還、そして福島の今~

日時

2015年1月10日(土) 12:00~14:00

場所

京都YWCAミニホール

参加費

300円

ゲスト

山田陽子さん

福島県郡山市在住。原発事故後、京都に母子避難し、今年(2014年)3月に郡山市に帰還。郡山のお母さんたちのグループ「かふぇぷらす郡山」のメンバーとして活動中。「無理なく、自分たちでできることをする」をモットーに『題名の無い座談会』などの活動をしている。

山田陽子さんからのメッセージ

私達かふぇぷらす郡山について簡単にご紹介させていただきます。今年の4月に郡山に住むお母さん3人で立ち上げました。震災から3年のそれぞれ違う選択肢の中での子育て経験を活かして、郡山から「+プラス」になる事を目標に緩やかに活動しています。放射能に対する向き合い方も含まれています。

メンバーのうち、一人は、昨年から息子さんを札幌に疎開させたお母さん、一人は今年4月から長野県松本市のまつもと子ども留学に娘さんを国内留学させたお母さん、そして今年の3月まで京都府宇治市に2年7カ月母子避難して私となっています。

3人とも仕事と子育ての中で無理なく自分達で出来る範囲の活動を行っています。
そんな私達ですが、10月から来年3月まで週に1回2時間の定例イベント『題名の無い座談会』を行う事になりました。

この『題名の無い座談会』の趣旨は、原発事故から4年目を迎えようとする地元では、原発事故や放射能に関する話がなんとなくタブーとなってきているところがあります。子ども達の保養についても共働き世帯も多い、自分達だけ短期避難するなどは大きな声ではしづらい現状も1つです。

そこで、あえて題名を作らないお話会という切り口から地元の人々とお話会を行い、その中で「放射能の影響についてどのように考えているのか?」「子ども達の保養についてどう考えているのか?」などのお話までしていけるようになっていこうと考えております。

その『題名の無い座談会』で上がった郡山のリアルな声を、関西の皆様との懇談に繋いでいきたいと思っています。ただ、題名の無い座談会がスタートしたばかりですので、皆様のご期待に添えるくらいの地元の声を拾えるかはわかりませんが、全国の保養団体のみなさんとのご縁、私自身が母子避難していた関西のご縁を頼りにお邪魔させて頂けましたら幸いです。

共催

京都YWCA福島プロジェクト/みみをすます関西/関西保養ネット

お問い合わせ 公益財団法人 京都YWCA
住所 〒602-8019 京都市上京区室町通出水上ル近衛町44 
TEL 075-431-0351(代) 
FAX 075-431-0352 
E-MAIL office@kyoto.ywca.or.jp
開館:10:00 閉館:19:30 (土曜日は17:30)
休館日:日曜・祝日