English

(公財)京都YWCA

トップ > 活動報告 > 核兵器廃絶に関する条約制定に反対した日本政府への「抗議声明」

活動報告

核兵器廃絶に関する条約制定に反対した日本政府への「抗議声明」

 京都YWCAは、国連総会での核兵器廃絶に関する条約制定に反対した日本政府に対して、内閣総理大臣と外務大臣宛てに、11月14日付で下記の声明を出しました。


==========

2016年11月14日

内閣総理大臣 安倍晋三 様
外務大臣 岸田文雄 様                              

 京都YWCA
会長  弘中奈都子
総幹事 山本知恵


「核兵器禁止条約」制定交渉開始決議に反対した日本政府に対しての
抗 議 声 明


 去る10月27日、核兵器を法的に禁止する初めての条約の制定を目指す決議案が、国連総会第一委員会で採決にかけられ、123か国の賛成多数で採択されたことは、平和を願う多くの人たちの努力によってなし得た喜ばしい一歩でした。それにもかかわらず、被爆国である日本の政府は、この採決に反対票を投じました。ヒロシマ・ナガサキでの被爆を経験した日本の政府が取るべき役割は、核兵器の脅威と被害の事実を全世界へ伝え続け、核兵器廃絶に向けて国際社会をリードすることであり、米国の「核の傘」に守られ、米国の軍事戦略に追随するために核廃絶の前進を妨げることではありません。日本YWCAは、反対票を投じた日本政府に対し、強く抗議します。

 日本YWCAは、1970年より「『核』否定の思想」の立場に立ち、核兵器廃絶を訴えてきました。それは、「核」の文明がこの世界にもたらす環境破壊と人間破壊の道へ突き進むことへの警鐘であり、「豊かさ」を求める生き方の問い直しでした。以来45年間に亘って毎年「ひろしまを考える旅」を実施し、中高生たちを中心に多世代が共に被爆者の言葉に耳を傾け、被爆の跡地を歩き、見て・聴いて・感じ・考えるプログラムを継続してきました。そこで出会った被爆者お一人おひとりの声は、まさしく「核廃絶への道を拓いていく」強い決意であり、後の世の者たちが同じ過ちを繰り返さないようにという深い祈りでした。

 2015年に開催した世界YWCA総会では、世界120カ国のYWCAが、「核兵器/原子力エネルギーを同等に否定する」決議を採択しました。広島、長崎そして福島の人たちの声が、YWCAに連なる世界の女性たちを動かしたのです。

 広島の原爆の碑には、「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」と刻まれています。世界中の人々の「核」廃絶の誓いのこの言葉に、日本政府は今一度立ちかえり、核兵器禁止条約の制定を進める立場で今後の論議に参加することを強く求めます。

以上

全文PDFはこちらから

お問い合わせ 公益財団法人 京都YWCA
住所 〒602-8019 京都市上京区室町通出水上ル近衛町44 
TEL 075-431-0351(代) 
FAX 075-431-0352 
E-MAIL office@kyoto.ywca.or.jp
開館:10:00 閉館:19:30 (土曜日は17:30)
休館日:日曜・祝日