English

(公財)京都YWCA

トップ > 国際交流

活動報告

国際交流

多文化理解プログラム‐イスラムにふれよう

img_3257

今年の多文化理解プログラムではアフガニスタン出身のレザさんにお越しいただき、お話をいただきました。

アフガニスタンのお菓子、「シルペラ」も味わうことができました!

クリスマス集会2015

今年のクリスマス集会は京都YWCAで活動するコーラスグループ、エコ・ド・Yの歌で始まり、
オリカイネン・マルクさんに礼拝と「フィンランドのクリスマス」と題してお話を頂きました。
後半は京都で活躍するロックバンド、Green World のしっとりバラードとタテノリソングをご披露いただきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

世界YWCA総会に京都YWCAメンバー3名が参加!

 YWCAは、世界120カ国にネットワークを持ち、2500万人の若い女性と少女が、正義・ジェンダー平等、暴力のない世界づくりを目指して活動している国際的な運動体です。4年に1度、世界のYWCAで活動するメンバーが集い、これまでの運動の振り返りと、これからの活動方針を決定する「世界YWCA総会」が開催されます。第28回目となる世界YWCA総会の開催年である今年は、10月11日から16日の5日間、タイのバンコクに各国・地域のYWCAメンバー約500人が集まりました。日本からは、京都YWCAのメンバー3名を含む15名が参加しました。

IMG_20151010_135155 総会前の2日間(10/9、10)は、YWCAで活動する30歳以下の若い女性が集まるプレ総会「若い女性フォーラム」が開催されました。今年
9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Go
als)」の中で言及されているジェンダー平等に関する話や、YWCAでの自分たちの活動の在り方、若いメンバーどうしのネットワーク作りなどについて話し合う場が設けられ、熱い議論が繰り広げられました。

 IMG_20151015_162501総会では、各国の参加者が民族衣装を身にまとい、鮮やかに登場するオープニングからはじまりました。過去4年間の活動の振り返りや、今後20年後を見据えた長期目標、それを達成するための4カ年単位での活動方針などが話し合われました。全体会議の合間には各地のYWCAごとにさまざまなテーマを設定して情報共有や意見交換を行うワークショップも開催され、日本のYWCAは核問題と基地
問題に関するワークショップを行いました。

12106975_864033743664871_5290294146845068792_n 総会の最終日には、世界YWCAで取り組んでいく重点課題を決定する「決議案」を採択します。日本のYWCAは韓国のYWCAと共同で、原発を含む「核」の否定についての決議案を提出し、賛成多数で可決されました。
また、今後4年間の世界YWCAの
運営に携わる運営委員が選挙で選ばれ、全運営委員のうち60%が30歳以下の若い女性となりました。

 世界のYWCAで活動するエネルギーあふれる人たちとの出会いに励まされ、エンパワーされた1週間でした。